M's BASKET

EGOZARU #01 – concept –

egozaru_img

はじめまして、EGOZARUです。

コラム出稿の機会をいただけたので、これから自由気ままに書いていこうと思います。

今回はEGOZARUというブランドがどう言ったコンセプトのもと生まれたかをお話したいと思います。

EGOZARUは品質が良い日本製にこだわっていますが、そもそも「 made in JAPAN 」や「日本製」という表示基準は適当な部分があり、最終の工程が日本であれば「日本製」の表示ができるんですね。

例えば海外製の生地を海外の縫製工場で縫ってから、仕上げのボタン付けだけを日本で行なったとしても「日本製」という表記ができてしまうんです。

「海外の縫製工場だから品質が悪い」とは一概にいうわけではないですが、「海外で安価に作ったものを日本で売る」ということに違和感を感じていました。

そして「日本の高い技術力を海外にも知ってもらいたい」「日本でつくったものを海外に発信したい」という想いが生まれ、先に挙げたような「なんちゃって日本製」ではなく、国内生産の生地を、国内の縫製工場で縫い、仕上げまで全て国内で行うちゃんとした「日本製」の商品をつくろうと、EGOZARUをスタートさせました。

しかし、昨今の海外生産の増加と行員の高齢化が進んだせいで、日本の縫製工場は激減していて、なかなか見つからないんです。その数は「国内の縫製工場はあと10年もしたらほとんど無くなるんじゃないか」とも言われているほど。

その中でも高い技術力のある工場さんを探して、探して探して、、、やっと繋がりを持つことができました。

EGOZARUの商品が作られている縫製工場は、百貨店に並ぶ商品も手掛けている、とても品質に厳しい環境でつくられています。

ネックが歪んでないかとか、糸切りができているとか、生地方向は統一されているかだとか、そういう細かいところまでこだわり、厳しい基準をクリアした商品が皆さんの元に届けられています。

egozaru_img

EGOZARU=日本製=品質が良い」ということがどんどん広まって、ゆくゆくは日本の高い技術力でつくられたEGOZARUの商品が海外でも発信していけれたらと思っています。

今後はEGOZARUから派生させた新レーベルを展開予定です。

日本製や品質の良さのこだわりはそのまま、EGOZARUよりも少しカジュアルでカラフルなイメージのレーベルと、タウンユース用のレーベルが近日発表予定なので、そちらも注目していただきたいですね。

限定商品などの先行情報も、このコラムでゲリラ的に発信していくので、気が向いたらチェックしてみて下さい。

egozaru_logo

EGOZARU ONLINE STORE
EGOZARU  OFFICIAL  SITE

PAGE
TOP